るきさん

るきさん.jpgみなとみらいのBOOKOFF(ブックオフ)で懐かしいマンガを発見し、数冊購入しました。

その中の1冊が、高野文子さんの「るきさん」。

1980年代後半から90年代前半にかけて、雑誌「Hanako」に連載されていたマンガです。

バブル経済を背景に、バブルとは全く無縁なマイペースな生活を送る独身OLるきさんと、バブルに普通に乗っかる(乗っかりきれない)友人えつこさんが主な登場人物。

2頁見開きカラーでほのぼのとした話が展開される癒し系のストーリー。

しりあがり寿さんの「OSHIGOTO」と、吉田秋生さんの「ハナコ月記」が同時期に掲載されていました。

偶然、「OSHIGOTO」も一緒に置いてあってこちらも今回購入。

 

当時の「Hanako」は、今の感じとは全然違ってマガジンハウスが積極的にマンガを取り入れ、誌面構成の重要な位置を占めてたんですよね。

平凡パンチをリニューアル新創刊した「パンチザウルス」もサブカル系のマンガがてんこ盛りでした(でも、それが原因かすぐに廃刊になってしまいましたが私は愛読してました)。

ということを懐かしがっている所がオヤジになったということなのでしょうね。

バブルに踊らされたものの懐古主義なのかもしれません。

バブルの遺産「マイカル本牧」を懐かしがって、「ベイタウン本牧5番街」を気にして見守ってしまうのもそうかも。

 

でも、「るきさん」は今読んでも面白い、癒しマンガの傑作です。

「やっぱり猫が好き」と同じ空気感かな。

そう言えば、るきさんの友人えつこさんは、小林聡美さんが「やっぱり猫が好き」で演じていたきみちゃんに似ているような気もしますね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

皆さまのポチっが励みです。

 

>>代表者ブログ「エージェントひとりのひとりごと」トップに戻る

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13808502
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)