お盆に似合う、相対性理論

相対性理論.jpg夏が似合う曲(アーティスト)と言えば、サザンであったり、山下達郎であったり、いっぱい出てくると思うのですが・・・。

お盆に似合う曲(アーティスト)と言うとどうでしょう?

こう言われると、案外答えに困ってしまうかもしれません。

盆踊りでかかる曲(これは地域によって違う曲になると思いますが)か、火垂るの墓の挿入歌と言う人もいるかもしれません。

そんな中、私が昨年からはまって病みつきになっている「相対性理論」は、自信を持ってお盆が似合うアーティストと言えます。

ボーカルのウィスパーヴォイスというか、なんとも気だるい唄い方と、オーパーツ、パラレルワールド、心霊現象等々の言葉が登場する摩訶不思議な歌詞。

 

そのくせ、音楽はクオィティーがかなり高い。

今回のSMAPのニューアルバムにも1曲提供してるぐらいですからね。

やくしまると言えば、私の世代には同じ年の薬師丸博子と決まっていますが、これからは「相対性理論」のやくしまるえつこが定番となるのでしょうか?

 

「相対性理論」はバンド名です。

聞いたことがない方は、是非、YouTubeで見て聞いてみてください。

PVもかなり不思議ですので。

 

↑ まずは、この曲から聞いて欲しい「LOVEずっきゅん」です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

皆さまのポチっが励みです。 

 

>>代表者ブログ「エージェントひとりのひとりごと」トップに戻る 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13771544
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)