ペプシネックス、今度はイッタラ

2411318874_ecc236e5ee.jpg 

Flickr Photo Download Day 104-366 - Cola Wars

上の写真は数年前のGigajineで、「まるでコカ・コーラとペプシの力関係を表しているかのような写真」として紹介されていたものです。

確かに世界的に見るとこうなるのでしょうが、こと現在の日本においてはこの構図はちょっと違ってきます。

 

現在、日本でペプシの主力商品は「ペプシネックス」。

これ日本独自の日本だけの商品なんだそうです。

ゼロカロリー商品を主力とし、コカ・コーラZEROを食っている感じ。

その大きな要因にうまく市場を捉えた(開拓した)マーケティング力にあります。

コンビニやスーパーで飲料品におまけをつけたパック商品が多く並べられていますが、ペプシネックスがその走り。

スター・ウォーズのボトルキャップや、FOXやワーナー・ブラザーズとコラボした映画キャラクターのベアブリック等、おまけのセレクト力でも抜きん出ています。

pepsiNEX_iittala.jpg 

しかも、その戦略にも目を見張るものがあります。

元々、コーラは女性よりも男性に好まれてるとのデータがあり、そこでペプシネックスは女性向顧客を取り込むのに「Living With Food キャンペーン −おいしい春を召し上がれ−」を今年春に展開。

おまけとして、食のセレクトショップ「DEAN&DELUCA」のマグネットや、フランス製のホーロー鍋「LE CRUSET(ル・クルーゼ)」のミニチュアアクセサリーをつけると共に、さらに抽選で「DEAN & DELUCA」オリジナルのパスタやソース、トートバッグなどを詰め合わせた「PASTA LOVERS GIFT」、「LE CREUSET(ル・クルーゼ)」のベストセラー商品「ココット・ロンド」の中から、世界に先駆け日本で初めて登場する「ココット・ロンド 18cm パウダーピンク」を、プレゼントするという女性の購買欲をくすぐる企画。

で、今回7月末からはフィンランドの人気食器「iittala(イッタラ)」のマグネットなんですよ。

えー、えー、ウチはもう6個集めましたよ。

とてもよく出来てて可愛いんです、これ。

 

さらに、この展開の戦略が納得しちゃいます。

この女性向けのおまけは、スーパーやホームセンター、ドラッグストア限定なんです。

コンビニで定価のペプシネックスを買うのは男性だろうと。

だから、スーパーで売っているペプシネックスは「iittara(イッタラ)」のマグネットですが、コンビニでは男性向け(と限ったわけではないけど)の「zozotown」コラボのベアブリックなんですよ。

これも欲しくなっちゃうから、ウチは大変。

pepsiNEX_DEAN&DELUCA.jpg 

pepsiNEX_LECREUSET.jpg

日本では、ペプシコーラはサントリー食品が売ってるから、販促がうまいんでしょうか。

サントリー角ハイボールは2009年にマーケティング大賞を取りましたからね。

どちらかというと、角ハイボールは飲みたくなって買っちゃうんでしょうけど、ペプシネックスはオマケが欲しいいから買っちゃうというケースが多いのでは・・・(ウチがそうみたいに)。

 

>>イッタラキッチンマグネット全12種類をコンプリートしたsorariumさんのブログ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

皆さまのポチっが励みです。 

 

>>代表者ブログ「エージェントひとりのひとりごと」トップに戻る 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13763707
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)